MacBookを購入しました。

20071213_01.jpg

現在3種類用意されているラインナップの真ん中にあたる2.2GHzホワイト。メモリ2GBのオプションはプラス18,900円とかなり割高感があったので1GBモデルを選択し、自分でメモリを増設することにしました。
必要なのは下記。

  • 増設するメモリ(同じものを2枚)
  • プラスドライバー(00番)
  • 硬貨

まずは電源を落とし全てのケーブル類を外した後、ひっくり返します。

20071213_02.jpg

右下部分にバッテリーがありますので、これを取り外します。
脇の細いくぼみに硬貨を差し込んで回すとロックが解除されます。

20071213_03.jpg

外れました。

20071213_04.jpg

メモリスロットはさらにL字ブラケットで保護されているので、これを取り外します。ここであらあじめ用意していたプラスドライバーが活躍。ネジを外したら、L字の短い辺を押さえながらブラケットを外します。

20071213_05.jpg

2つのメモリスロットが見えました。それぞれレバーを手前に引いて、メモリを抜き出します。

20071213_06.jpg

さて、今回新しく取り付けるメモリはこちら。

20071213_07.jpg

トランセンドのSO-DIMM(PC2-5300 DDR2 667 MHz)。1GB×2枚が5,000円強で買えてしまいました。予算を大幅に下回ったので、2GB×2枚でもよかったなと軽く後悔しています。最安を探せばもっと安く済むかもしれませんね。
で、これをスロットに差し込みます。結構力が必要。奥まで差し込んだらレバーを元の位置に戻します。

20071213_08.jpg

L字ブラケットを取り付けます。ブラケット側にメモリを保護するクッションが付いているので、ドライバーなどの細い棒で押し込みながら取り付けるとよいです。

20071213_09.jpg

バッテリーを戻します。カチっと音が鳴ります。硬貨でロックを閉めるのを忘れずに。

20071213_10.jpg

以上で完了(所要時間約10分)。起動すると、無事あっさりとメモリが認識されました。

20071213_11.jpg