WEBページのURLに拡張子「.html」を付けるプラグイン。

.html on PAGES
http://wordpress.org/extend/plugins/html-on-pages/

WordPressで生成されるURLを擬似的に静的なHTMLっぽい感じにしたい場合、パーマリンク設定で例えば

/%category%/%postname%.html

と書けば、投稿は静的HTML風になる。が、WEBページはこのルールが適用されず、末尾に「.html」が付加されない。上記のプラグインを使用すればWEBページにも「.html」が付く。

ただしこのプラグインはパーマリンク設定とは無関係に、単純に末尾に「.html」を付けるだけという超単機能プラグインなので、「.html」以外の拡張子にしたい場合はプラグインのソースを直接さわる必要があるので注意。当然複数の拡張子を混在させることもできない。