2007年3月のブログ記事一覧

QTClipはテキスト形式のクリップボード履歴を残してくれるフリーウェア。
コピーしたテキストをいつでもペーストすることができます。

クリップボード履歴 QTClip
http://www2k.biglobe.ne.jp/~araken/qtclip.htm

履歴をさかのぼってペーストすることができるので、コーディング作業や原稿執筆などで激しく便利です。というか僕の場合、もうこれがないと仕事ができないくらい。

起動するとタスクバーのインジゲータにアイコンが表示されます(毎回起動するのは面倒なのでスタートアップに入れておきましょう)。

このアイコンを右クリックして「ホットキー設定」を行っておきます。
僕はCtrl+Shift+Alt+Zキーを割り当てていますが、好みに合わせて設定してください。

設定したホットキーでQTClipのメニューを呼び出すことができます。
尚、デフォルトでは顔文字などがごちゃごちゃ並んでいるので、要らないものは「編集…」で設定ファイル(テキストファイルです)を開いて削除しておきましょう。

後で使いそうなテキストはとりあえずコピーしておけばいつでも呼び出せるので、とても便利です。

MovableTypeのデフォルトのフィードテンプレートでは、エントリ本文が段落分けされずに出力されるため、RSSリーダなどで表示するととても読みにくいです。

例えばatom.xmlだと、テンプレートはこんな感じになっているはずです。

<$MTEntryBody encode_xml="1" convert_breaks="0"$>
<$MTEntryMore encode_xml="1" convert_breaks="0"$>

属性「convert_breaks」の値を「1」にすると改行および段落分けが反映され、「0」にすると反映されません。なので

<$MTEntryBody encode_xml="1" convert_breaks="1"$>
<$MTEntryMore encode_xml="1" convert_breaks="1"$>

としておくとよいです。
そもそもなんでデフォルトは0なのだろうか。